【手続きに不安がある方へ】任意整理デメリットの解決法

「借金の返済が厳しい…」というときに考えなければならないのが債務整理。

「色々と調べてみて”任意整理”という手続きで利息がカットできるということは分かった」
でも「手続きメリットは分かったけどなかなか手続きに踏み出す勇気がない…」という人も多いと思います。
本記事では実際に任意整理をした場合のデメリットを説明するとともに、どうやったらデメリット部分を解消できるのかを具体的に解説します。

1 任意整理の一番のデメリットは信用情報への影響

任意整理をすることの一番のデメリットは信用情報機関に情報登録されてしまう(ブラックリストになってしまう)ということです。
おそらく任意整理を検討されている方が決断できずにいる理由の大半は、この信用情報への影響が懸念点となっているからだと思います。
実際に任意整理の手続き後は、信用情報へ異動情報というものが登録され最短でも5年間はローンを組んだりクレジットカードの作成が困難となります。
これまで支払いをクレジットカードメインで行っていた方からすると、非常に不便に思われるでしょう。
また直近で住宅ローンなどを組もうとしている方も、手続きをためらってしまうことかと思います。
しかしながら、利息カットでの長期分割返済ができるというのは完済へのかなりの近道ですし、金銭的メリットも非常に大きいはずです。
任意整理をすることに決断できないでいる方は、以下の内容を改めて考え直してほしいと思います。

2 直近でローンを組もうとしている方に考えてほしいこと

例えば住宅ローンを組もうとしている場合、そもそも消費者金融からの借り入れがある場合にはローンの審査が通らないことが多いです。
住宅ローンや自動車ローンを組む際には、当然ですが信用情報の確認が行われます。
この時、消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用があるだけで審査には不利に働きます。
もし、総量規制(借り入れ金額は年収の3分の1までという制限)の範囲ギリギリまですでに借り入れしている場合には、その時点でローンやクレジットカードの審査には通らないでしょう。
そもそも「借金が残っていて返済が厳しい…」という状態は、ブラックリストに片足を突っ込んでいるような状態です。
そんな状態でローンが通ったとして、はたして長期的に滞りなく返済していくことが可能なのかどうかをいま一度考えてみてください。

2.1 カードの継続利用をしたいという方に考えてほしいこと

現在利用しているカード(クレジットカードやカードローンなど)は今後も”絶対に”必要なものでしょうか。
カードの継続利用を希望する方で多いのは、その時点で”自転車操業”になってしまっているパターンです。
月々の出費が収入を上回ってしまっていて、カードなしでの生活が困難な状況におちいっている方が多いです。
借金の金額がふくらんでいくのも、結局は出費が収入を上回った状態で生活を送っていたからです。
引き続きカードを継続利用していくということは、この負のスパイラルから抜け出すことを拒否するようなものです。
任意整理をすることは、この負のスパイラルから強制的に抜け出すこととなります。
ブラックリストになることで「これ以上の借金はできないんだ…!」と自分の生活を見直さざるを得なくなることは、一種のメリットだとも言えます。

3 「任意整理期間中」=「現金生活期間」と考える

任意整理期間中(3年~5年間)は現金で生活を送る期間だと割り切ることが重要です。
3年~5年間、現金で生活を送れば現在の借金が完済できると考えましょう。
任意整理でブラックリストになってしまうことを恐れて、借金がなかなか減らない状態で生活を送ってしまうのは”延々と半ブラックリスト状態”でい続けるようなものです。
任意整理を行い決まった期間で完済してしまえば、結果的に信用情報がきれいな状態になるのも早まります。
現金での生活で多少の不便はあるでしょうが、それがずっと続くわけではないので、任意整理期間中は割り切って考えましょう。
「なんでクレジットカード使わないの?」と聞かれても「現金主義だから!」で押し通してしまえば大丈夫です。

3.1 デビットカードをうまく使おう!

現金主義とはいっても、今の世の中カードを使えないのは不便であることに変わりはありません。
ただ、これも解決方法があります!
任意整理を行ったらまずは審査不要のデビットカードを作りましょう。
デビットカードは利用したらその場で銀行口座から引き落としがかかる以外には、クレジットカードと基本的に使用感は変わりません。
ネットで買い物をする時にももちろん使えますし、ポイントも付きます。
デメリットがあるとすればETCで利用ができないくらいですが、これも審査不要のETCパーソナルカードを作れば解決可能です。
そう考えると日常生活を送るうえで、何が何でもクレジットカードが必要だという場面に出くわすことは非常にまれだと思われます。
むしろクレジットカードによる後払いをしなくてすむ分、金銭的にとても健全な生活が送れるはずです。

3.2 キャッシュレス化が進みカードが不要に!

近年ではキャッシュレス化が進み、かなり多くの店舗でスマホ決済が可能になってきています。
例えば一番有名どころの”PayPay”なんかはクレジットカードがなくても利用可能ですし、非常に還元率も良いです。
今後キャッシュレス化が進むにつれて、普段の支払いの機会がクレジットカード決済ではなくスマホ決済になってくるでしょう。
そうなればクレジットカードを持っていないことを不思議がられることもなく、むしろ「まだクレジットカード使ってるの?」という風になるかもしれません。
デビットカードとスマホ決済アプリを使えば、日常生活でのクレジットカードはほぼ不要と言えるでしょう。

4 まとめ

ここまで任意整理のデメリットをどうやって解決していくかを説明してきました。
今回の話を以下にまとめます。
・借金を重ねている状態はそもそもブラックリストに片足突っ込んでる
・返済が厳しい状態なのにローンを組もうとするのがそもそもの間違え
・任意整理期間中は現金生活を送ると割り切る
・デビットカードとスマホ決済があればクレジットカードは不要

大事なことは、「これ以上の借金をせずに生活再建をはかる」ということに尽きます。
以上の話で、自分の借金と向き合って生活再建に踏み出せる人がひとりでも増えたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です