【問題なく引っ越し可能!】任意整理すると賃貸に影響あるの?

任意整理をしたおかげで住んでいる家を追い出されてしまったり、引っ越しができなくなってしまったりしたら元も子もありません。
本記事では任意整理をした場合の住居への影響について詳しく解説していきます。

  • 「任意整理をしても今住んでいる家には影響ないの?」
  • 「任意整理した後でも引っ越しはできるの?」

これらの不安を解消できるような内容となっております。

1 任意整理によって家を追い出されてしまうことはない!

結論から言ってしまうと、任意整理によって家を追い出されてしまうことはありません。
任意整理によって引っ越しできなくなるということも原則ありません。
なぜかというと不動産会社は信用情報を見ることができないからです。
あなたが任意整理によってブラックリストになってしまったとしても、不動産会社側でその事実を把握するこはできないのです。
これは引っ越しをするときも同様で、不動産会社側でブラックリストかどうかを調べる方法はありません。
ただし、1点注意しなければならないことがあります。
「家賃保証会社」が必要な賃貸契約の場合、「家賃保証会社」は信用情報を調べることが可能な場合があります。

2 そもそも家賃保証会社って何?

家賃保証会社とは、一言でいうと連帯保証人を代行してくれる会社のこと。
家賃保証会社は借主が家賃を滞納した場合に、借主に代わり家賃の立て替えをして貸主に家賃の支払いをします。
※もちろんこの場合は保証会社から借主に請求が行くことになります。
貸主からすると家賃が回収できなくなるリスクが減り、借主からすると連帯保証人を探す手間がはぶけるため、最近は家賃保証会社を立てることを契約条件とする物件オーナーが増えて来ています。
全国で100社を超える数の家賃保証会社がありますがその多くは信用情報を調べることはできません。
例外的に信用情報を調べることができるのが、「信販系家賃保証会社」と呼ばれる会社です。

2.1 「信販系」と「独立系」の保証会社

分かりやすく説明するために、保証会社を「信販系」と「独立系」の大きく2つに分けて説明していきます。

【信販系家賃保証会社】
 ・主な事業はクレジットカードやオートローンなど
 ・信用情報機関(CIC・JICCなど)に加盟している
 ・信用情報をもとに審査をおこなっている
 ・聞いたことのある会社が多い
  (例)エポス、オリコ、ライフ、ジャックス、アプラス、セゾンなど
【独立系家賃保証会社】
 ・家賃保証をメイン事業としている
 ・信用情報機関に加盟していない
 ・信用情報ではなく独自の基準で審査をおこなっている
 ・聞いたことのない会社が多い
  (例)カーサ、日本セーフティー、全保連、フォーシーズなど
  ※信用情報機関には加盟していないが、賃貸保証会社同士で情報共有する全国賃貸保証業協会(LICC)や賃貸保証機構(LGO)に加盟している場合があります。

上記の通り、信販系家賃保証会社は信用情報機関に加盟しており、ブラックリストなのかどうかを調べることが可能です。
ブラックリストの最中には、信販系ではなく独立系の保証会社を利用できた方がいろいろと都合がいいです。

3「任意整理の手続きに含める会社」=「家賃保証会社」の場合は要注意!

住んでいる賃貸物件の家賃保証会社を任意整理の手続きに含めたい場合…
具体例をあげると、エポスカードのリボ払いがふくらんで任意整理をしたいが、家賃保証会社もエポスカードになっている状況です。
このような場合にはリボ払い分のみの任意整理に応じてくれる会社もあればそうでない会社もあります。
任意整理が使えない可能性もありますので、このパターンに該当する場合は債務整理を専門に扱ってる弁護士や司法書士に一度相談してみましょう。

3.1家賃の支払いがクレジットカード払いになっている場合

家賃の支払いがクレジットカード払いになっている場合には、手続きをする前に支払い方法の変更しておくようにしましょう。
家賃支払いで使用しているクレジットカードを任意整理に含めないという方法もありますが、ブラックリストになってしまう以上、いつカードが使えなくなってもおかしくない状態です。
逆にカードが使えてしまうことによって、任意整理後にも債務を増やしてしまう可能性も考えると、素直に支払い方法を変更して手続きに含めてしまった方が賢明でしょう。

3.2 任意整理後に引っ越しをしたい場合

任意整理後、ブラックリストが解消する前に引っ越しをしたい場合、これまでの話の通りで原則賃貸借契約には影響はありません。
この場合も「家賃保証会社が信販系」の場合は審査に影響を及ぼします。
信用情報を参照されるとブラックリストである事実が判明してしまうため、審査に通る可能性は低くなります。
もちろん信販系以外だったら必ず審査が通るという訳ではなく、年齢や職業、収入などによって総合的に判断されます。

3.3 不動産業者にブラックリストである事実を伝えた方がスムーズかも!

賃貸の不動産業者は来たお客さんを何としても成約に繋げたいはず。
保証会社に入るメリットを受けるのは物件オーナーであって、物件を紹介してくれる不動産業者は特にメリットはありません。
物件オーナーが特定の保証会社じゃないと契約しないという強い縛りがある場合は別ですが、基本的にはオーナー側も保証会社がどの会社なのかはさほど気にしてない場合が多いです。
不動産業者にブラックリストである事実を伝えれば、あらかじめ独立系家賃保証会社を利用する方針で話を進めてくれるかもしれません。
以上の話から、任意整理が引っ越しに与える影響はさほど大きくはないと考えられます。

4 まとめ

今回の内容から任意整理をする場合の賃貸契約で押さえておくべき事項をまとめると次のようになります。

【任意整理をする場合】
・手続きに含める業者が保証会社になっていなければ問題なし!
・家賃支払いがクレジットカード支払いの場合は支払い方法変更しよう!

【任意整理をした後の引っ越し】
・信販系家賃保証会社は審査落ちの可能性高い
・独立系家賃保証会社ならブラックリストの事実把握できない
・審査に不安がある場合は事前に不動産業者に相談するのがベスト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です